>

ネットで調べたり、話を聞いてみよう

ネットで調べるときの注意点

条件の整理ができた段階で、ネットを使い、マクロ的に調べ、効率よく探しましょう。ただし、その際にも気を付けるべき点もあります。

まず、一つの不動産検索サイトのみを使って、物件選びをするのは、あまり良くないということです。なぜなら、物件の中には、複数の検索サイトに載ってるものと単独の際としか載っていないものがあるためです。そのため、自分の望む条件を満たす物件を見逃さないために、同じような条件で複数の検索サイトで調べましょう。

次に、相場を知っておいた方が良いということです。地域や広さなど様々な条件によって家賃は変動しますが、サイトで様々な条件で検索することで、ある程度の相場感を得ることができます。そうすることで、不動産屋に行ったときに話が円滑に進み、かつ家賃交渉の可能性もあります。

不動産屋に話を聞くときの注意点

ネットで調べた際に、ある程度物件に目星をつけることができると思います。そこで、よりミクロに知るために不動産屋に赴いてみましょう。その時、やっておくべきコツがいくつかあります。

一つ目は、複数の不動産屋に行くべきであるということです。これは、大手のみならず、地域密着型のところにも行きましょう。なぜなら、複数の不動産屋に行くことで、複数の会社で扱う物件、流動物件が存在します。そうした物件はいわゆるハズレの可能性があります。逆に、他の不動産屋に行っていることを言うことで、相手からいろいろな情報を得ることができます。

二つ目は、不動産屋の方と話をする際は、先ほどのトピックで考えた条件をしっかり頭に入れるかメモしておきましょう。人と話している間は、そうした考えたことが抜けてしまうことが多いです。後々、後悔しないために、不動産屋と話に流されないように気を付けましょう。


この記事をシェアする