人間ドックの料金と補助金

HOME

人間ドックの料金と補助金

毎年会社でおこなっている定期健診を受けているので、病気などの異常がないことがわかっている、と思っている人が多いですが、実は定期健診などの検査は検査項目が少ないということで体のすべてが元気かどうかがわかるわけではないのです。なので、一年に一度は詳しく体を検査するようにしておくのがいいと言われています。熱がある症状が続いたり、体が痛くなったり、というような症状を自覚するようになって病気が発見されたときにはすでに進行している、という場合もあります。危険な状態になってから治療を行うのでは遅いです。なので、詳しく体を検査することで、早期発見し、早期治療を行うようにできるのが人間ドックなのです。また、生活習慣病の予防や対策などもアドバイスしてもらえることがあるので、できれば一年に一度は受けるようにしておくといいです。気になる体の部位をすべて検査してもらうことができたら、とても安心しますし、何かあっても安心感があります。人間ドック
ですが、人間ドックをはじめて受けるときに気になるのが料金です。
どのような検査などをするのかも気になるものですが、何よりも料金が高い、というイメージがあり、なかなか受けにいくことを戸惑ってしまう人もいます。ですが、お金がかかってしまうと考えている人も知っておくといいのが保険診療と自由診療です。
医療は、保険診療と自由診療に分けられます。たとえば、歯科医院の一定の治療や美容整形は健康保険がきかないといいます。このような形態の医療のことが自由診療です。
ですが、一般的な病院でおこなっている病気の治療の場合、国が定めている保険点数で治療に対する料金や価格がほとんど決まっています。このようなものを保険診療といいます。
人間ドックは病気の治療を目的としたものではないので、保険診療の扱いになることはないということです。なので、自由診療の範囲で検査を行なうことになります。健康保険が適用されないので、検査代金が高いというイメージがあるのです。けれど、実は多くの検査を一度に行うことになるので、通常の保険点数で考えて換算してみると、かなりお得で安い価格になっています。
人間ドックを受診する人に対して、補助金を出している健康保険組合も多いということです。もし受けたいというときは、加入している健保の担当者の方へ一度問い合わせてみるといいです。そのなかには、2万円の補助を受けることができたり、全額補助をしてくれる、という場合もあります。国民保険に加入している人の場合は、各自治体の国民健康の保険担当課に問い合わせてみると補助金のことがわかります。人間ドック検査料金補助要綱、というものがある自治体なら、ほぼ補助が出ているといいます。各自治体fr補助金額には差がありますが、補助金は5000円から25000円くらいの間がほとんどです。
また、受ける施設によってもかかる費用は違います。受診するコースやオプション検査の追加などによってもかかる費用が変わってくるので、気をつけるようにします。
一般的な人間ドックにかかる料金は、大体ですが、日帰りの場合が35000円から50000円ほど、1泊2日コースだと50000円から70000円、脳ドックは25000円から50000円ほどで、心臓ドックは25000円から50000円ほど、PETコースは80000円から150000円程度の場合が多いということです。ですが、コース内の検査項目数や食事があるかどうか、そして宿泊施設などにより、かかる費用は大きく変化します。
できるだけ安く料金を抑えたい、という理由もあるかもしれないですが、しっかりと検査を受けて、安心感を得るためにも定期的にきちんと受けるようにしておくことが大事です。
クマ

Copyright (c) 2014 人間ドックの料金と補助金 All rights reserved.